商品カテゴリー

営業日カレンダー

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
2017年11月
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

が休業日です。

【わがんせメルマガ】バックナンバー

■  「規約」というものについて

2015/03/09 05:59 配信

皆さんこんにちは。【R-DIRECT通信】9回目です。
本通信は月に1度程度配信予定です。

今回は「規約」というものについて
少し触れていきたいと思います。


ネットショップ様のWEBページには、恐らく
「利用規約」「ご利用条件」「ご利用にあたって」
など、何らかの形で取引条件を表示されていると思います。

ここではこれらを総称して「規約」と呼ぶことにしたい
と思います。


ところで「契約」と「規約」って何が違うのでしょうか。

簡単に申し上げれば、「契約」は双方の意思の合致であり、
「規約」は内容そのものと言えます。

多い誤解は、「規約は一方的に自社に有利な条項を
入れることができる」「一方的に変更できる」などの
解釈です。

しかし、ネットショップ様が例えば送料、納期、返品等の
規約を掲載されていたとしても、
それだけで注文者との間に規約に基づく契約が成立する
わけではありません。

なぜなら契約とは申し込みの意思表示と承諾の意思表示が
合致することによって成立しますので、原則として
ネットショップ側と注文者に、その「規約」に基づいて
取引する意思があることが必要になります。

ここで非常に多いトラブルが、
「規約に書いてあった」「そんなもの見てなかった」
「書いてあるのに見ないほうが悪い」
などの水掛け論です。

続きは会員の方のみご覧になれます。
登録・月額ゼロ 今スグ登録

会員の方はログインしてからご覧下さい。

← 2014年楽天ショップオブザイヤーから見えること

会社法改正概要 2015年5月1日施行 →

バックナンバー一覧へ